朝の口臭を予防する方法

朝の口臭を予防する方法

朝,口臭,予防,方法,原因

寝起きの口臭が気になる人は多いと思います。
どうして寝起きの口臭が気になるのでしょうか。

 

寝起きの口臭は、生理的口臭の一つと言われています。

 

空腹、緊張、ストレスがある時に誰もが経験する治療の必要のない口臭です。
寝起きに口臭がするのは、夜眠っている間に起きている時に分泌される唾液が分泌されず、口の中が乾燥してしまうからです。

 

唾液には、口の中の殺菌など環境を整える役目をしています。
夜眠っている時に唾液が分泌されないと、その間、口の中では様々な細菌が増え口臭が発生するのです。
しかも、夜寝る前の歯磨きが十分ではない場合、口の中に残った食べかすをその細菌が分解するため発酵し、さらに口臭が発生しやすい状況になります。

 

つまり、朝の口臭を予防するには、夜寝る前にする歯磨きを丁寧にする事がとても大切なのです。
また、歯だけでなく、口臭の原因の一つである舌苔もしっかり取る様にしましょう。

 

歯と歯の間にたまった食べかすをきちんと取り除くためにも、デンタルフロスを使い、食べかすもきちんと取りましょう。

 

起床時には、夜休んでいる間に増えてしまった細菌を取る為に丁寧に歯を磨きましょう。

 

そして、口臭には、乾燥が大敵なのでこまめに水分補給をし口を潤し、乾燥しないようにしましょう。

 

その他にも、今は口臭予防の様々な製品が出ています。

 

それらを合わせて使うのもおすすめです。

 

キシリトール入りのガムや飴などもありますが、ガムは噛むことで唾液の分泌を促進するので、特におすすめです。

 

朝の口臭を予防するには、口の中を常に清潔に保ち、水分補給をする事が大切です。
きちんと予防して爽やかな朝を迎えたいものですね。

 

 


page top