口臭予防のセルフケア方法

口臭予防のセルフケアするための事前チェック

口臭はなかなか自分ではわかりません。
だけど、口臭があるよとは他人から聞くといい気はしません。

 

日頃から自分で口臭予防を心がけていると気にならないものです。
そんな口臭予防のセルフケアを行う前に自分の体調や生活習慣で見直すべき点がないか確認しましょう。

 

口臭予防の事前チェック

虫歯はありませんか?

虫歯のある人は菌が酸化して悪臭となる場合があります。

 

ここまでくると自分でも口臭に気付く事が多いですが、早く治療をしないと神経まで虫歯菌に犯される事になります。

 

歯周病も口臭がある人に多い原因の一つです。
虫歯・歯周病がある人は治療する事で口臭予防につながります。

 

胃の調子はどうでしょう?

胃の不調によって、口臭というより、お腹から上がってくる匂いによって、他人に迷惑をかけている場合があります。
また、前日の食事などでよく、口臭を指摘されるのも、胃から上がってくる匂いです。

 

体調面で不安がある方はしっかりと体のケアをしてあげることで口臭予防にも繋がります。

 

口の乾燥は注意が必要

常に口を開けている人は口の中が乾燥して唾液が少ない状態です。

 

唾液で口の中を殺菌していると言われています。
ほどよく唾液は必要です。

 

鼻炎の人は口で呼吸しか出来ませんので口臭からは逃げれません。

 

虫歯にならないガムを噛むようにして唾液の分泌量を増やす事で口臭予防になります。

 

口臭予防のセルフケア方法

基本は歯磨き

当たり前のことかと思う方も多いかもしれませんが、実は夜の歯磨きをサボってしまうという方は少なくありません。
また、しっかりと歯を磨くとなると時間が必要なのですが、しっかりと磨ききる前に終了している方が多いです。

 

その為、歯と歯の間の歯垢残りも多くなり、時間が経つと口臭に影響してきますので、可能なら食後は歯を磨くという習慣をつけるのがおすすめです。
朝、寝る前は歯磨きと舌磨きは忘れずにする事とマウスウォッシュで清潔にしておくのもおすすめですね。

 

食後のブレスケア

食後は口の中だけでなく、胃からも匂いが上がってきますので、消臭成分などを含んだサプリなどを利用して食後の匂いをケアすることができます。

 

タバコやコーヒーも独特の匂いを持っているので、良く飲む、吸うという方は周りのことを考えて、こまめなケアをする意識を持つことも大切ですね。

 

口臭予防の基本は歯磨き!

 

page top