蓄膿症と口臭の関係とは?

MENU

蓄膿症と口臭の関係とは?

蓄膿症,口臭,関係,原因,予防

蓄膿症になると口臭が悪化すると言われています。

 

蓄膿症になると、鼻の奥に膿がたまる為、鼻が詰まりやすくなります。
その事により、鼻で呼吸をする事が難しくなり必然的に口呼吸になってしまいます。

 

口呼吸になる事によりドライマウスを引き起こしてしまうのです。

 

口臭の原因ドライマウスとは?

唾液の分泌が減少する事により、口の中が乾燥すると口腔内の細菌が増加し、活発に活動し始めます。
この事が原因で口臭がさらに発生するのです。

 

蓄膿症と口臭には、こんな因果関係がある為、蓄膿症になった場合には口呼吸せざるを得なくなるので、蓄膿症になったら普段から口臭にも気をつけた方がいいでしょう。

 

蓄膿症の方の口臭予防方法

例えば、うがいをしたり、口の中を湿らせたり出来るだけ口の中が乾燥しない様にする工夫が必要です。

 

他にも、マウスウォッシュやガムをかんだりすることもいいでしょう。

 

また、口臭だけでなく、口の中が乾燥しやすくなると、歯周病や虫歯にもなりやすくなります。

 

蓄膿症になったら、口臭の予防だけでなく、歯周病や虫歯の予防までも気をつけるなど、口内全般に気をつけた方がいいでしょう。

 

また、蓄膿症になると鼻が詰まるだけでなく鼻水も出てきます。
その鼻汁がのどや鼻腔にたまり炎症を起こす場合もあります。

 

そして、そこに細菌が繁殖し膿がたまってしまい、その膿が原因で強い口臭が発生する場合があります。
その場合、蓄膿症の人には、口呼吸を控え、鼻水をためないようにし耳鼻科に行き蓄膿症の治療をする事をおすすめします。

 

 

蓄膿症,口臭,関係,原因,予防


関連ページ

病気
口臭は病気が原因によって発生する場合があるのかについて解説します。通常、口臭は口の中の状態や食べ物からの影響などが考えられますが、それ以外に身体の病気によって口臭が発生するのか考えられる原因をご紹介しています。
便秘
便秘と口臭には関係について解説します。口臭は口の中の状態や食べ物からの影響などが考えられますが、便秘のような直接関係の無いように思える症状が実際に口臭へどのような影響を与えているのか解説します。
舌苔が付いてしまう原因
舌苔が付いてしまう原因について解説します。口臭の原因のひとつである舌表面に付着する舌苔はどのようなことが原因で付いてしまうのか、舌苔の付きやすい状況や病気との関連性について解説しています。
子供の口臭の原因
子供の口臭の原因について解説します。子供の口臭が気になる場合の原因として考えられる体質的な理由や外部要因での口臭など、子供の身体の異変に繋がる可能性がありますので、原因について知っておくことで子供の口臭解消に役立ちます。
赤ちゃんの口臭の原因
赤ちゃんの口臭の原因について解説します。口臭とあまり縁が無いような赤ちゃんの口臭ですが、どのような原因で口臭が気になるようになるのか、考えられる原因をご紹介しています。