子供の口臭の原因とは?

子供,口臭,原因,病気,予防

こどもの口臭の原因には、生理的口臭と病的口臭の二つの原因が考えられます。

 

生理的口臭とは、にんにく料理を食べた時など食べ物が原因の口臭です。

 

大人の場合、食べ物以外にアルコールなどを大量に飲んだ時に発生する臭いです。
一時的な臭いなので時間の経過と共に臭わなくなります。

 

にんにく、ねぎなどの食材による口臭は、梅干やレモンを取る事や歯磨きをして口腔内を清潔にする事で口臭が改善されます。

 

また、口臭の原因の一つ舌苔を舌ブラシで丁寧に取る事も口臭の改善に効果的です。

 

病的口臭は、歯周病や虫歯・口内炎などによる口腔内の病気、胃潰瘍など胃腸の病気、蓄膿症などの鼻の病気が原因の口臭です。
口腔内の病気といっても、大人に多い歯周病は子どもの場合ほとんどいません。

 

虫歯や口内炎による口臭と考えられる場合は、かかりつけの歯科医へご相談する事をおすすめします。

 

胃腸の病気で口臭がするという子どもは、ほとんどいません。
大人でも、胃腸の病気が原因の場合、口臭が出る前に他に様々な深刻な症状が出るので様々なサインに気づく事が大切です。

 

子供の口臭で考えられる原因

子どもの口臭の原因で一番考えられる理由が鼻の病気が原因の口臭です。
風邪や蓄膿症で、鼻が詰まっている時、口呼吸になります。

 

口呼吸の場合、どうしても口腔内が乾燥しやすく、細菌が発生し口臭が発生するのです。

 

口の中の唾液は、口の中の雑菌をきれいにする働きをし、食べかすを消化する大切な存在です。

 

うがいをしたり、水を時々飲んだりして口の中を乾燥させない事が口腔内の乾燥を防ぎ口臭を防ぐ方法です。

 

歯みがき後の乳酸菌

スーパークリッシュ

 

子供,口臭,原因,病気,予防


関連ページ

病気
口臭は病気が原因によって発生する場合があるのかについて解説します。通常、口臭は口の中の状態や食べ物からの影響などが考えられますが、それ以外に身体の病気によって口臭が発生するのか考えられる原因をご紹介しています。
便秘
便秘と口臭には関係について解説します。口臭は口の中の状態や食べ物からの影響などが考えられますが、便秘のような直接関係の無いように思える症状が実際に口臭へどのような影響を与えているのか解説します。
蓄膿症
蓄膿症と口臭の関係について解説します。鼻の疾患である蓄膿症が口臭に与える影響があるのか?その原因と理由について蓄膿症の人が口臭をケアする場合の方法を交えてご紹介します。
舌苔が付いてしまう原因
舌苔が付いてしまう原因について解説します。口臭の原因のひとつである舌表面に付着する舌苔はどのようなことが原因で付いてしまうのか、舌苔の付きやすい状況や病気との関連性について解説しています。
赤ちゃんの口臭の原因
赤ちゃんの口臭の原因について解説します。口臭とあまり縁が無いような赤ちゃんの口臭ですが、どのような原因で口臭が気になるようになるのか、考えられる原因をご紹介しています。